スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い一日続き

さて組手審査当日。

カミさんは実家に久しぶりに戻りスキヤキを食べて来ると言って留守だった。
自分はスキヤキは大嫌いなので羨ましくはなかった。それより一人気ままに好きなつまみでも買ってビール片手に組手の余韻に浸るそんな一日を予定していた。
起きてすぐ家の掃除をしながら徐々に身体をほぐす。
本当は1時間くらいストレッチをしてイメージトレーニングしてから道場へ行くつもりでいた。

ふっと携帯を見るとメールが来ていた。
黒帯I先生からだった。
黒帯I先生の具合が良くないらしく少年部を見てくれないかという内容と今日組手の後軽く飲みましょう!との内容だった。
昨今の事情から稽古の後に軽く飲むって無くなっていたからちょっと嬉しかった。
それに晩御飯用意しなくて良くなったから助かった。
この時までは今日という日がこんなに長い一日になるとは夢にも思っていなかった。

ちょっと慌てて着替えを済ませメットをかぶりいざ出発!
いっけない!
バイクじゃダメだ!
帰り道が飲酒運転になってしまうではないか!
急いで自転車に乗り換え出発!
あれ?なんだ?タイヤの空気が抜けてるじゃないか!これまた急いで空気を入れて道場へ向かう。

途中見通しの悪いカーブに差し掛かると突然ガッシャーン!と明らかに何かと何かが激突した音だった。
目の前に中年の男女が自転車同士で激しくぶつかって倒れ込んでいた。
「大丈夫ですか?」
二人ともショックのあまり話す事も出来ない。
良く見ると男性はどうみても肩が抜けてる。
女性も腰をぶつけたらしく起き上がれない。
「救急車呼びますね」
今の救急車は呼んだってすぐになんか来やしない。
もし大量に血が出てたりしたら間に合わないんじゃないかと思う。
時間がかかりそうなので
黒帯I先生に電話にして遅れるかも知れないと伝える。電話中にパトカーもやってきたので引継をして現場を離れる。
久しぶりの自転車だから道場に着いた時は汗だくだった。
少年達はいつものように元気一杯ではしゃいでいる。道場の窓を開け心地良い風を感じながら準備運動して基本稽古へ審査も終わったので丁寧に基本を行っていたら少年達イマイチ気合いが足りない。
どうした? と聞くと“暑くてたまらない”
しまった!熱中症になっちゃう。窓を閉めエアコンを入れて水分を取らせる。
しばらくすると少年達は元気になり移動稽古を帯分けで行う。
あっという間にスパーリングの時間。
初心者もいたので少年達のリクエストもありサポーターの取り合いみたいな勝ち抜き戦をやった。なんだか解らないが大盛上がりだった。
最後は正拳中段突き40本。そんな感じで稽古終了

少年部の稽古だけで自分の声も枯れてきた。

しばし休息。
いつもこのまま一般部に出る黄帯のKくんと雑談。
自分「今日師範が見えるよ 」 Kくん 「えっ!師範がくるんですか?なんか恐い・・」
Kくん「師範と先輩戦うんですか?」
自分「戦うわけないじゃん!」
Kくん「師範と先輩戦ったらどっちが強いんですか?」
自分「師範に決まってるじゃん!」
もうこれ以上の質問攻めには耐えられない所に黒帯I先生と鋼鉄ムーミンがやってきた。
いよいよなんだなぁと実感する。
幸い怪我もなく故障箇所も大人しくしていてくれているのであまり動けていない事を除けば状態はかなりいい。ある意味幸せな状態でチャレンジ出来る。
今日の稽古は黒帯I先生の有り難い心遣いで入念な準備運動からミット打ちから始まった。
鋼鉄ムーミンさんと組ませてもらう。
下段を蹴っても中段を蹴っても違和感はない。
ただいかんせん動けていなかったからこの程度の回数でちょっと息が上がり始めてしまうのに気がついて一抹の不安が・・
それに比べて鋼鉄ムーミンさんの中段廻しはアバラの1.2本は覚悟して下さいと言わんばかりの破壊力で気迫が凄い!

受け返しもやって頂いた。捌いて返すのもいい感じで出来ていた気がした。
寸止めライトスパーリングと自分の動きを確認しながら正直調子はいいと自分では思っていた。

そこへ師範が来場。
一気に緊張が走る。
そして五人組手!

ここでお一人お一人詳しく対戦内容を書きたいのだか申し訳ありません。
自分では冷静でいたはずなのですが相当頭がぶっ飛んでいたようで総評として書かせて頂くと皆さんの圧力がこれほどまで凄いとは予想を大幅に狂わされてしまいました。
頭ではああしてこうしてなんて浮かんでいるんですが皆さんの猛烈な圧力に身体が全く反応してくれませんでした。
なんでもっと自分から行って流れが返られなかったと今は反省しています。
いつもの稽古みたいに気合いも出ていなかった気もします。
最後の対戦者茶帯Kさんの「かかってこいや!」の言葉に今回の自分が集約されていたように感じます。
事実 組手が終了した後にも鋼鉄ムーミンさん得意の回転系が出なかったですね・・と そんな言葉より顔が恐かった!ダメだよあんたの組手!そう顔に書いてあった。
ふっと回りを見渡した皆の顔にもダメだよあんたの組手!と書いてあった。

自分が1番解ってるんです・・ダメな事は・・

そんな自分の為にお忙しい中集まっ下さった全ての方々に改めて感謝をいたします。
またいつも戸塚道場でお世話になっている黒帯S先生や戸塚道場の皆さんにも感謝です。
気持ちも新たにまた頑張りますのでどうか懲りずにご指導よろしくお願い致します。

PS
長い一日はまだまだ続くのであった!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

はなぶさ

  • Author:はなぶさ
  • はなぶさブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。