スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸塚稽古

寒かったり暖かったたりで身体を壊しやすい時期だ。今日は心地良い陽気でただでさえ眠いのに・・余計に眠くなる。
戸塚の稽古も段々身体に馴染んできた。
10分ステップから稽古開始。始まったばかりだが10分もステップワークを行うとすっかり汗ばんでくる。
今日はビックミットの稽古でした。
コンビネーションを二種2分。
久々のビックミットはきつかったf^_^;
すぐに受け返しに入る。
黒帯K先輩の突きのカットはかなり痛い。受けが攻撃になっている感じだ。
そしてスパーリング。
オレンジ帯の人と軽く行った後 すぐに黒帯S先輩とあたる。
凄まじい勢いで間合いを詰められ右へ左へと攻撃が止まない。前蹴りで応戦してみるがまるでこちらの出番は無い。あっという間に一分間が終わった。
次は青帯のYさん。審査の前なので軽く行う。
彼は元少林寺の黒帯で白帯の・・・あれ?名前が出てこない・・失礼・・最近解ってるけど名前が出てこない・・
彼も審査なので軽く行う。そして茶帯の少年と対戦したのち黒帯K先輩と対戦。黒帯K先輩はやはり懐が深く中々攻撃がうまく効いてくれない。それでいてK先輩の攻撃は素早くズバズバ決めてくるあたりは真似したいけどそう出来るものではない。それに攻撃が重い。
黄帯のYの息子さんと行い。今日は一巡終了。

「じゃぁ今日はここまで!」と黒帯S先輩が言った後
黒帯S先輩が自分を見ながら自分がまだやりたそうな顔をしているので「もう1Rやりますか?」と言いだし・・決してやりたい顔はしていなかったとは思うのだが・・
もう構えてしまった。
さぁ 始め!って時に
黒帯S先輩が急に・・
「素手でやりますか?」
と真剣な顔でおっしゃる。本気と書いてマジと読む。「マジですか?」
自分にはどっかのCMの様に三枚も選択出来るカードは無い。
「始め!」の号令と共に夢のような恐怖体験は始まった。無我夢中で細かくは覚えちゃいないが長い一分だった事は覚えている。
ようやく終わった夢の時間。目の覚めた自分に見えたものは黒帯S先輩の右手一差し指が一本である。にこやかなお顔の黒帯S先輩がもう1R要求 しかも素手である。
青帯Yさんが「ささぁどうぞ広い所へ!」なんて煽るもんだから・・
恐怖体験パート2を味わう事となった。
これまた覚えちゃいないが自分が黒帯S先輩の顔面を突いてしまったのは覚えている。
受けられた手が汗で滑ってしまう為だ。
長いな・・一分間。
終わった自分の拳は皮がむけていた。
今日は自分を褒めてやろう。手加減されているとはいえ良く恐怖の2分間耐えたなと!
最後に黒帯S先輩が自分の事が苦手だと言いだした。
勘弁してくださよf^_^;
冗談にも程があります。
こりゃ近々倒されるな自分(^^)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

はなぶさ

  • Author:はなぶさ
  • はなぶさブログへようこそ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。